consept note

■ 2room’s 2kwgallery コンセプトノート

image no batonというテーマでの昨年4月の前回の展示にひきつづき、
今回の2kw gallery での展示ではHIKARI WO TUNAGUと副題をつけて、
さらに大きなサイズで制作しました。
まずはじめにHIKARI WO TUNAGUへの参考として
‘image no baton’ の主要なコンセプトの一部をご紹介します。

無意識の共通部分であるイメージの核と成るものを
まるでDNAのように人類が実は持って生まれてくるのではないかと思うのです。
人は何らかのイメージを創ることで無意識の連鎖を繰り返し、
その核となるものを意識化することが出来るような気がしました。


2room’s - hikari wo tunagu

私は昔からアニミズム(自然崇拝)的なものに強く惹かれています。
アニミズム的な発想はこれからの世界にとても必要な感受性であると私には思えるのですが皆さま如何でしょうか?
私には、このアニミズムの人間の本質的な意識はとても重要なことだと思えるのです。

私達の太古の記憶なのか?このアルミニュームに生み出す文様に
鑑賞者の皆さまが縄文やインカやマヤ、ケルト、エジプトといった様々な文明を
口々に伝えてくださる少し不思議な現象が起こっているのです。
私には、色んな民族を追っかけて様々な国を
旅してきた中でひとつ強く思うことがあります。
それはそれぞれの文明や民族は海を越え、山を越え、
全てが繫がりあっているかもしれないと云うことです。

私達の身体には人類の歴史という壮大な時間軸が組み込まれ、
命を繋いできたのだと感じます。
またその記憶が我々人類の無意識の痕跡となり私の作品から
インスパイアされて我々の記憶が蘇ると感じています。
それは私の作品を通して行われるとても神秘的な閃きであり、
このhikari wo tunaguの光は、私達の DNAが持つ壮大な時間軸を
繋いでいるものであればとても嬉しいです。

2016 11.6 小野サボコ

■ 2room’s—HIKARI WO TUNAGU (Connecting the Light) 2kw Gallery

Following my previous exhibition themed ‘image no baton (The Baton of the Images)’ last April, this exhibition at 2kw Gallery is subtitled ‘HIKARI WO TUNAGU’ and I worked in larger size. I begin with introducing a part of a main concept from ‘image no baton’ as a reference for ‘HIKARI WO TUNAGU’:

I think that we are born with a core image as an unconscious common part like DNA. By creating some images, humans repeat chains of unconsciousness which might lead them become more conscious of the core of those images. (image no baton, 2kw Gallery, 2014)

I have been deeply attracted to something like animism for a long time. An animistic idea seems to be a necessary sensibility in the future. How do you think about that? I think the essential consciousness of the animism is highly important.

I wonder if the patterns I embossed on the aluminium represent our ancient memories. After viewing my artwork, many audiences mention various civilisations: Jyomon (Prehistoric Japan), Incan, Mayan, Celtic, Egyptian, etc. These are rather curious phenomena.

There is one thing I strongly believe having travelled many countries meeting various ethnic groups. Each civilisation and every tribe is totally connected over the mountains, across the oceans.

I feel all of us has an eternal time axis incorporated into our body as human history, and it has sustained our life a thousands years. Additionally, that memory becomes our human unconscious impression and with being inspired from my artwork, it would revive our memory.

That is a magical sparkling inspiration brought through my work. I would be very pleased if the light of ‘HIKARI WO TUNAGU’ works to sustain the eternal time axis we have in our DNA.

Saboco Ono

6 November, 2016


■ HIKARI NI SUMU コンセプトノート

2007年より様々な手法を用いてアルミで作品を制作を展開している。
アルミ板やアルミテープにニードルで線を描いたり、
金槌で叩いたりを根気よく続け凹凸をつけていく。

この空洞のある家は2009年から作り始めヒカルハウスと呼んでいる。
ヒカルハウスは表裏共にぎっしりとニードルで描いたり型押ししたり、
金槌で叩いた模様が刻まれている。

空間はミクロコスモス(小宇宙)とマクロコスモス(大宇宙)からなり
人の身体はよく小宇宙に例えられる。

ヒカルハウスの内空間と外空間はそのまま繋がっており、
小宇宙と大宇宙が表裏一体の構造になっていると言える。

また我々の住居には窓があり扉があり換気口があり穴だらけである。
これもある意味、大宇宙と繋がっていると言える。

さらにわたしたちの身体自身も耳鼻、皮膚にいたるまで穴だらけで
人の身体も言うなれば大宇宙と繋がっていると考えると面白い。

ヒカルハウスひとつひとつは、それらの最少ユニットの象徴として在る。
ヒカルハウスの無数の凹凸はあらゆるものと共鳴し合い、反射して輝きを放つ。

時として、大宇宙と小宇宙がともに内包し合い一体となる感覚を持つときがある。
人間の身体もヒカルハウスと同じようにあらゆるものと共鳴し発光する家なのではないだろうか?

吊られたヒカルハウスは人が存在するその気配だけで個々の回転軸を持って揺れて回り
とても魅力的な輝きと動きを見せてくれる。

それは独自の時間軸を持ちながら浮遊し、あたかも生命を
宿しているかのように感じる。

この作品は鑑賞者もそのヒカルハウスの宇宙の中に入って頂き、
作品に触れたり眺めたりして楽しめる体験型のインスタレーションである。

■ HIKARI  NI  SUMU  (Living in the Light)

Gallery K, Tokyo February 2014

I have been making aluminium works with various techniques.
I emboss lines on aluminium plates and tapes with a needle;also patiently hammer the material to make embossment on the surface.
Since 2009, I have been making houses with holes.
I call them Hikaru House which means “Shining House”.
All over the surface, each Hikaru House has been embossed fully with patterns made with a needle, a stamp and a hammer. 

Space consists of the microcosm and the macrocosm; therefore human body is compared to the microcosm.

The interior and the exterior of the Hikaru House are directly connected,
as the microcosm and the macrocosm are the one, the obverse and the reverse come together as one structure.
Our houses also have windows, doors and ventilations,full of holes, meaning they are connected to the macrocosm.
Moreover, all our bodies have holes from ears, noses to skin.
It is interesting to say our bodies are connected to the macrocosm as well.

Each Hikaru House exists as a symbol of minimum unit of them.
Countless bumps and dents on the Hikaru House resonate with everything, reflect and shine.
The microcosm and the macrocosm occasionally enclose each other, having the sense of unification.
Human body itself is also a house which resonates and radiates everything as well as the Hikaru House, isn’t it?

When the Hikaru House is suspended,each sways and rotates with its own axis by little presence of someone;
showing attractive sparkles and movements.
It floats with its time axis as if each of them has life with it.
This is an experiential installation art.
Observers can enter the universe of the Hikaru House, and enjoy it by touching and looking.


■ image no baton コンセプト ノート

2007年から、様々な形でアルミと向き合い制作をしています。
いろんな作品を摸索しつつ、制作する合間になのですが
業務用のアルミテープで缶バッチを作り
かれこれ350個ぐらい制作しました。
直径5cm程の小さな丸いアルミのシートに抽象的で未だ説明しえない
イメージ達が産まれては様々な人々の所に旅立っていきました。

無数のイメージはまるでわたしの細胞の一部かのように何年経っても
彷徨いながら消えることなく存在しました。
そしてその無数のイメージ達の中からいくつかのパターンを持ち始め、
時には変化しながら蘇り、またそこから新たなイメージとして
産まれ変わるものも出来てきました。

今回の展示は、そのイメージがどこから来ているのか
追求したい一心で少し大きめのサイズで作品を連作しました。
その作業は昔、描いていたイメージとの再会であったり
どこからか湧いてくるイメージの源に近づく第一歩でした。

実はこの無数のイメージが産まれるきっかけとなったものは、
大好きな雅美族や海洋民族のバジャウやミナンカバウ族を
探して旅をしていた頃の自分が原点なのです。
そして今回の制作を通じて、それらの少数民族とサボ族(笑)
が根底で繋がっている、リンクしているのではないかと気付き
深い感動を覚えました。

このようには人間は無意識で繋がり合っているものの、
それぞれの部族がイメージを伝え育ててまたそのイメージを持ち
永い時間軸の中でゆっくりと変化させてきたのではないかと思うのです。

そしてまた、無意識の共通部分であるイメージの核と成るものを
まるでDNAのように人類が実人間は持って生まれてくるのではないかと
思うのです。人は何らかのイメージを創ることで無意識の連鎖を
繰り返しよりその核となるものを意識化することが出来るような
気がしました。

それはまるで、感覚のなかで迷い彷徨っている子供をみつける
ような作業であると言えます。
イメージを無意識のなかで浮かび上がらせ、新たな自分との
出会いを起せるどこか神秘的な作業であるとわたしは思います。

この作品展を通してアルミの持つ白い光の束に刻まれた
イメージのバトンをサボ族のわたしや人類のもつ無意識と
共に感じて頂ければ幸いです。

■ Image No Baton (The Baton of the Images)

2kw Gallery, Osaka April 2015

Since 2007, I have been working with aluminium in various ways.
While working on my artwork,I also made tin badges with industrial aluminium tapes;
I have made about 400 of them.
On each tiny aluminium circle 5 centimetres in diametre,
abstract yet described images have been born, then left for various people and destinations.

Like a part of my cell, those thousands of images have wandered around for years,continued to exist and never faded away.
Among the thousands, some have taken patterns,occasionally transformed and revived; even some have reborn as new images.

In this exhibition, I devotedly sought where those images came from and
that led me to work continuously in larger size.
The process itself was reuniting with old images I used to draw or
it was a first step to approach the source of images deriving from somewhere.

Actually, my trip around Nepal, Yunnan Province in China, South East Asia, Indonesia and Taiwan
meeting my favourite ethnic groups originally inspired me these countless images.

When working for this exhibition, I was deeply impressed by realising
that the tribes I met and “Sabo tribe” myself were connected and linked in the profound root. 

I think that human beings are connected unconsciously,
however, each tribe has handed on, nourished their images;and slowly transformed them along eternal time axis.

Besides, we are born with a core image as an unconscious common part like DNA.
By creating some images, humans repeat chains of unconsciousness which might lead them become more conscious of the core of those images.

It is like a work discovering a child who is lost and wandering in the sense.
It is also kind of a mystic work lighting up the images in unconsciousness,bringing each human seeing new self.

Through this exhibition, I would like you to feel the baton of the images embossed in bundles of aluminium’s own white light as well as unconsciousness of myself, a "Sabo tribe" and also of the human beings.